第5回看護理工学会学術集会
 第11回看護実践学会学術集会
 国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会 第7回学術集会 
合同学術集会は、多くの皆さまにご参加いただき、盛会のうちに終了することができました。
皆さま方の多大なるご協力とご支援に、心より御礼を申し上げます。

合同学術集会 大会長 須釜 淳子(金沢大学 新学術創成研究機構 教授)


14日参加者懇親会の開始時間の変更について
開始時間を18:30から18:00に変更します。30分早くなりましたので、ご注意ください。
なお、当日の参加受付をします。若干名となっております。



1)日本糖尿病教育・看護学会認定による<日本糖尿病療養指導士認定更新のための研修単位>について
本学術集会参加によって、 日本糖尿病教育・看護学会認定による<日本糖尿病療養指導士認定更新のための研修単位>看護1群、
1日目(10/14)は1単位2日目(10/15)は2単位を取得することが出来ます。 1日のみの参加であっても、それぞれ取得可能です。
ただし、規定の時間数の学会参加が証明できる方にのみ参加証を配布するの厳守にご協力をお願いいたします。
両日とも、朝の受付時に整理券をお渡ししますので、各日の学術集会プログラム終了後、引き換えに参加証をお受け取りください。
※整理券と参加証の交付場所は、第1会場(十全講堂)の受付でお問い合わせください。



2)ハンズオンセミナーの開催について
ハンズオンセミナーは10月14日(土)13:20~14:20の1回のみの開催となりました。
事前にお申込みいただきました方は全員参加できます。2日目にお申込みの方も1日目にお願いします。
※当日の参加受付が可能です。当日参加登録の方もお申込みいただけます。
参加人数に制限がございますので、先着順で締め切らせていただきます。
受付の場所は、医学類教育棟1階通路です。


新着情報

2017.10.05
ランチョンセミナー整理券配布場所を変更いたしました。
参加者へのご案内をご確認ください。

2017.10.02
Informationページに10月13日の関連会議・懇親会情報を掲載しました。

2017.09.21
ハンズオンセミナーの事前申込を締め切りました。

2017.09.16
参加者へのご案内、 一般演題(口演)発表の皆さまへ、 一般演題(看護アイデア用品)発表の皆さまへ、 一般演題(ポスター)発表の皆さまへ、 シンポジウム・セミナーの演者の皆さまへ、 司会・座長の皆さまへ を公開しました。
ハンズオンセミナーの事前登録を9月19日(火)までに延長しました。
この機会に是非ご応募ください。

2017.08.31
プログラムに日程表・一般演題発表日時一覧を公開しました。
発表要領に関しては、近日中に掲載します。
ハンズオンセミナーの事前申し込みを9月15(金)まで延長しました。
この機会に是非奮ってご応募ください。

2017.08.22
事前参加登録を締め切りました。

2017.08.21
お申込み頂きました一般演題(口演発表、ポスター発表、看護アイディア用品)
につきましてはすべて採択されました。
発表日時につきましては今月中にお知らせ致します。

2017.08.08
ハンズオンセミナーの事前申込を開始しました。
お申込みは2017年8月25日(金)までとなりますのでご希望者はお早めにお申込みください。

2017.08.04
プログラムの概要を更新しました。
展示募集は締め切りました。お申込ありがとうございました。

2017.06.30
一般演題演題登録、看護アイデア用品演題登録は終了しました。
査読結果につきましては、後日お知らせいたします。

2017.05.01
プログラムの概要を公開しました。
アクセスページに会場周辺地図を掲載しました。ご来場の際にご活用ください。
Informationページに金沢情報を掲載しました。

2017.04.10
演題募集を開始しました。
事前参加登録を開始しました。

2017.02.09
演題募集ページ・会場案内ページを公開しました。

2016.11.09
第5回看護理工学会学術集会・第11回看護実践学会学術集会・国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会第7回学術集会 合同学術集会のWEBサイトを立ち上げました。

ご挨拶

この度、第5回看護理工学会学術集会を2017年10月14日(土)~15日(日)の2日間、金沢で開催させていただくことになりました。今回は過去の大会と異なり、第11回看護実践学会学術集会、国際リンパ浮腫フレームワークジャパン研究協議会第7回学術集会との合同開催となります。

 今回の学術集会のテーマを「多分野融合型イノベーティブ看護学の躍進」としました。患者の超高齢化、医療の高度化・複雑化、スピード化とともに想像を超えた多くの理工学に関するテクノロジーが臨床現場に押し寄せています。療養生活を支援するテクノロジーを臨床に浸透させ、医療の質を向上させるにはチーム医療のキーパソンとして機能する看護師の役割がますます重要となっています。その一方、異分野融合型研究の必要性を認識しながら、なかなかお互いの学問分野の内容を知る機会が少ないのも実情です。

 城下町金沢の特徴的な地名として「広見(ひろみ)」という場所が多くみられます。藩政時代に設けられたもので、実際には街路の一部が広くなった場所をさします。城下町の防衛・防火目的に設けられましたが、人々の憩いと語らいの場としても利用され、現在も地域の交流場となっています。このような地域性のある金沢の地で3つの学問領域が一堂に会する学術集会を開催できる機会をいただいたことを光栄に思っています。従来の学会と開催形式が異なるため参加することに躊躇されるかもしれませんが、学会場を「看護理工・看護実践・慢性浮腫ケア広見」として、お互いの知識と技術を学び、さらに発展させるチャンスの場となるよう学術プログラムを企画する予定です。ぜひ多くの皆様に参加していだだくよう、心よりお待ち申し上げています。

第5回看護理工学会学術集会 会長
第11回看護実践学会学術集会 会長
国際リンパ浮腫フレームワークジャパン研究協議会 第7回学術集会 会長

須釜淳子
金沢大学新学術創成研究機構

開催概要

学 会 名
第5回看護理工学会学術集会
第11回看護実践学会学術集会
国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会第7回学術集会
合同学術集会

テ ー マ
多分野融合型イノベーティブ看護学の躍進

大 会 長
須釜 淳子(金沢大学 新学術創成研究機構 教授)

副 大 会 長
坂本 二郎(金沢大学 新学術創成研究機構 教授)

会   期
平成29年10月14日(土) ・15日(日)

会   場
金沢大学 宝町キャンパス
(石川県金沢市宝町13-1)

学会事務局
金沢大学医薬保健研究域保健学系 臨床実践看護学講座
〒920-0942 石川県金沢市小立野5丁目11-80
TEL:076-265-2555 FAX:076-265-2555 E-mail:office@nse2017.jp

運営事務局
株式会社ネクステージ
〒920-0059 石川県金沢市示野町南45番地
TEL:076-216-7000 FAX:076-216-7100 E-mail:nse2017@nex-tage.com